HIVの12の初期症状TOP >

HIVの12の初期症状リンク集◆1

hiv 検査キット

hivの検査をするためのキットが多くの検査機関から販売されています。価格・値段も大きく違うので検査結果の信頼性もよくわかりません。そこで信頼性、値段を中心にhiv検査キットの選び方をランキング形式で公開しています。

エイズ検査

エイズ検査というのは正しくはHIV検査です。エイズはHIVに感染し、数年後に発症する病気のことで、今現在治療法が見つかっていません。でもHIVに感染してもエイズを発症することを防ぐことができます。エイズにならないためにも、正しくHIVを知り、検査を受けておくことが重要です。

性病検査

性病検査は多くの検査機関が販売しているキットで受けることができます。保健所ではHIVを中心に検査するので一般的な性病検査ができないことも多いですし、病院はあくまでも「治療」をする場所であって、検査には保険が効かず高額な請求をされます。性病は症状が出ない病気もあって、長く放置しておくと不妊の原因にもなります。早めに性病検査はしておきましょう。

hiv 発疹

hivに感染すると初期の段階の症状として発疹が現れる人が多いです。感染の疑いのある行為から2-8週間ほどで、性器周辺を中心に体全体に発疹が現れます。もちろん個人差もあるので、全くでない人もいるし、気が付かない程度の人もいます。怖いのは自然に症状が消えてしまうこと、治ったわけではなく沈黙の期間になっていて、体の中ではhivがどんどんと免疫を壊していくのです。もし発疹が現れていたのであればhivの可能性もあるので検査しておきましょう。

性病検査キット

沢山の検査機関から性病検査キットが販売されています。種類も多く、細かく項目が異なるので選ぶのも大変です。重要な項目は3つ「検査する項目」「信頼性」とそれに見合う「価格」です。重要なポイントにそって、性病検査キットの選び方を解説しています。


アクセス3
Copyright © HIVの12の初期症状リンク集1 All rights reserved