HIVのもっとも一般的な初期症状が「原因不明の発熱」です。

HIVに感染すると、感染の機会からだいたい2週目から6週目くらいを目安に体内ではHIVが急激に増殖します。
増えたHIVが、血管をつたって全身にめぐります。

このタイミングがいわゆる初期症状で、急性HIV感染症の症状がでます。

HIV感染の研究結果では、96%の感染者に発熱が見られるデータとなっているので、もっとも疑うべき初期症状です。

風邪、インフルエンザとの違いは?

発熱自体は、風邪やインフルエンザでも症状として現れます。
発熱したからといって、ただちにHIV感染を疑う必要はありません。

まず大切なことは感染する行為があったのかということです。

過去1,2ヶ月に怪しい性行為があるのか?

思い出してみてください。

特に危険なのはアナルセックスでコンドームがない場合、挿入する側もされる側も感染の危険があります。
そのほかコンドームのないセックスも危険です。

コンドームの装着したからといって、感染の危険を完全に防ぐものではないですが、感染確率は激減します。
キス、オーラルセックスでHIVに感染する確率はとても低いです。

もしHIV感染に心当たりがあって、原因不明の発熱が続くようなら念のためにHIV検査を受けましょう
HIV感染の初期症状で最も多いのが、発熱です。

HIV検査を受けずにいれば、微熱が出るたびに不安になり、微熱が続いている間はずっと気にかけてしまいます。

そのストレスは精神的にも良くないですし、HIV感染の不安があるなら、1日でも早く発見することができると、命を救えることもあります。
HIV検査は全国の保健所で無料で匿名で受けることもできます。

保健所にいけない(いきにくい)人は自宅でHIV検査も可能です。

HIV感染は早期発見すると、今では50年近くエイズの発症を遅らせることもできるようになっています。
仮に30歳でHIV感染しても、80歳まで生きることができるのです。

早期発見ができれば、HIV感染は怖くないのです。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。