HIVに感染して、代表的な初期症状の1つとしてあげられるのが関節炎や関節痛です。
HIV感染する二人に1人が経験しているといわれています。

HIVに感染すると多くの人が関節炎や関節痛になるということです。

ただ、関節炎や関節痛の原因はHIVに限らず、さまざまな原因もあります。
関節炎・関節痛だからといってHIVに感染しているとは限りません。

どのように判断するのか?

症状に関節炎・関節痛がある病気はたくさんあります。
簡単にHIVと判断するのは危険です。

少なくとも、症状が出た時期からさかのぼり、2週間から-2ヶ月の間に怪しい性行為がないか・・・。
思い出す必要があります。

特にアナルセックス、コンドームのないセックス、信頼のあまり置けない相手との性行為に心当たりがある場合は注意が必要です。
初期症状はすぐに現れることはなく、少なくとも2週間はかかります。

HIVに感染した人の半分が関節炎や関節痛になるので、疑いがある場合は検査することをおススメします。

もちろん何の行為もなく感染することはないので、危険な性行為がない場合はHIVということはありません。
単なる関節炎や関節痛の症状です。

過剰に心配する必要はないです。

ただHIVの感染に心当たりや可能性が少しでもあって、関節炎・関節痛の症状がでているのであればHIV検査を受けることをお勧めします。
2人に1人が経験する症状です。

確率は50%以上あるのかもしれません。

もちろん早期発見であれば、現在の医学で50年は生きることも可能です。
あなたの年齢からすると、日本人の平均寿命である80歳に近いかもしれません。

早期のHIV検査は、命を救う検査になります。


郵送のHIV検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。